最新キャッシング情報

キャッシングを比較したい時に役立つ最新情報や人気の金融会社情報などお金にまつわるあれこれを掲載しています。

キャッシング活用術

入学金に困った時におすすめなローン(入学金を借りる)

投稿日:

受験生

 

受験は本人にとっても一大イベントですが、受験生をもつ親にとっては資金面でも一大事。

もしかしたら受験のためのお金や入学金を借りることを検討しなければならなくなるかもしれません。

 icon-chevron-right 受験費用としても借りれるローンはこちら!

なにしろ受験料だって意外と馬鹿になりませんし、遠方の大学を受験する場合には、交通費や宿泊費も必要になってきます。そして一番お金がかかるのが、なんといっても入学金や授業料で100万単位のお金が平気で飛んでいきます。

前もって準備していても、思いのほか受験関係の出費が重なり、予定していた教育資金が不足するといったケースもあるようです。

そこで、ここではそんな状況になった時に役立ってくれるさまざまなローンを比較してみます。

PR. AIによる算出で貸付利率と契約限度額が決まる!(貸付利率(年利)0.9%~12.0%・契約極度額10万円〜1,000万円)新しい個人向け融資はこちら!

教育一般貸付(国の教育ローン)

辞書

高校、大学、専修学校などに入学又は在学される方の保護者に対して、入学金、学校納付金などの入学費用や授業料、通学費などの在学費用を融資してもらえる制度です。

公庫各支店が窓口となり、主にお子様の保護者が融資を受け保護者が返済していくことになります。

高校、大学、専門学校などの入学前であっても学費や下宿代などのまとまった費用をお子様1人につき350万円まで借りることができます。(外国の短大・大学・大学院に1年以上在籍する資金なら450万円)

在学期間中は利息のみの支払いができるので、ゆとりを持った返済も可能です。

独立行政法人日本学生支援機構の奨学金とあわせて利用することも可能です。 最寄りの日本政策金融公庫国民生活事業の各支店窓口や、日本政策金融公庫のホームページから申し込むことができます。

日本学生支援機構(旧日本育英会)の奨学金

勉強する女子学生

学校が申込み窓口となってお子様本人が貸与を受け、卒業後にお子様自身が返済していくという制度です。

高校、大学、専門学校などへの入学後に貸与を受けることになります。国内奨学金と海外留学のための奨学金があり、国内奨学金には利息の付かない第一種奨学金と利息の付く第二種奨学金があります。

そのほか入学時の一時金として貸与する「入学時特別増額貸与奨学金(利息付)」がありますが、こちらは日本政策金融公庫の「国の教育ローン」に申し込んだけれども利用できなかった世帯の学生・生徒が対象となっており10万円、20万円、30万円、40万円、50万円から選択することができます。

日本学生支援機構の奨学金は、「貸与奨学金で経済的理由により就学に困難がある優れた学生等に対し貸与されます。」とあり、いずれの奨学金も、経済状況や学業成績などの条件をクリアする必要があります。

日本学生支援機構の奨学金募集は学校で行われています。在学している学校で受けたい場合は、在学校へ、進学する学校で受けたい場合は、進学後、学校へ問い合わせましょう。

進学前に奨学金の予約をする制度もありますが、こちらは予約を希望する方は在学している学校への問い合わせとなります。

銀行の教育ローン

銀行の教育ローンは、「国の教育ローン」や「奨学金」より提出書類が少なく手続きが簡単にできるうえ、すでに支払い済みの資金としても利用することができます。

そして、入学金や授業料のほか塾などの教育資金への利用もできるなど幅広い範囲での利用が可能です。

また、銀行にもよりますが、親元を離れて進学するお子様のアパートの敷金等に利用することもできるようです。必要書類としては「学校へ納付したことが確認できる書類」などが必要になります。

必要な書類の準備が間に合わない時には「銀行のカードローン」がおすすめ

もしも「国の教育ローン」や「奨学金」の条件にあわなかったり、利用ができなかった場合や銀行の教育ローンに提出する書類の期限が間に合わない・・!という時には「銀行のカードローン」もおすすめです。

 icon-chevron-rig銀行カードローンを比較!詳しくはこちら!

銀行のカードローンは金利も低いうえに使い道自由なものが多く、入学金や授業料などの教育資金として活用することもできます。

また、銀行のカードローンは借入限度額の上限も大きいので、高額な入学金や授業料にも対応できます。しかも、銀行のカードローンなら面倒な書類の準備はほとんどいらず、ネットからすぐに借りることができます。

キャッシュカードで借りれる「みずほ銀行カードローン」

メガバンクである「みずほ銀行」のカードローンなら、安心して借りれるうえにカードローン口座開設後にキャッシュカードでお金を借りることが出来るようになるので、忙しい方や、なるべく早く利用したい人にもおすすめです。

最大800万円までの借入れが可能なので、お子様のよりよい教育のための資金を余裕をもって準備しておきたい。という方にもおすすめです。

icon-chevron-rig みずほ銀行カードローンの詳細はこちら

-キャッシング活用術

Copyright© 最新キャッシング情報 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.